【書評】過去問で鍛える地頭力 大石哲之

就活をしていた時に、コンサル面接対策に読んでいた本です。20分くらいのフェルミ推定やケーススタディを疑似体験できると思います。経営コンサルタントが言うロジカルな思考を養う問題集です。 過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題 作者: 大…

【書評】一勝九敗 柳井正

日本が誇る経営者、柳井正さんの著書。柳井さんの幼少期から、父親の家業を継ぎ、ユニクロとして躍進し、現在に至るまでの経緯を振り返っている。 これを読んだのは、私がコンサルティングファームから内定をもらったすぐ後だった。経営者の目線で仕事をしな…

【書評】Machine Learning Murphy

機械学習(~2012)の辞書! データに機械学習をあてる必要のでてきた研究者へ 学部時代に輪読会で読み進めた本。2012年頃までの機械学習の内容はかなり網羅的に書かれていて、辞書のような存在。本当に無数のアルゴリズムが掲載されているので、なにか解析に必…

【書評】会社は頭から腐る 冨山和彦

筑駒、東大、CDI設立、産業再生機構でJALやカネボウの再建、現在は経営共創基盤(IGPI)の代表、という伝説級の経歴を持つ天才コンサルタントの著書。圧倒的な知識量と論理的思考と明確な主張を浴びることのできる名著。この本を読んでIGPIに入社を決意した人…

【書評】本音で生きる 堀江貴文

2016年に流行した、堀江さんの新書。これまで南場さんや藤田さんなど経営者の本は読んできましたが、そういえばホリエモンの本だけ読んでないなと思って読んでみました。 中身は平易な言葉でわかりやすく伝わるように書かれていて、堀江さんがそのまま語って…

自己紹介

【名前】 吉田 和輝 (よしだ かずき) 【経歴】 1992年 栃木県に生まれる ・科学雑誌を読み漁り、物理学者に憧れる ・中学からテニスを初める 2008年 東京学芸大学付属高校に入学 ・趣味でプログラミングを初める 2011年 京都大学 理学部に入学 ・サークルに…

【書評】自分の仕事をつくる 西村佳哲 著

デザインや物作りに関わる様々な人への取材記録。思いを込めて何かを作る人の哲学や仕事術が学べてとても面白かったです。 とくに印象に残ったのが "2章 他人事の仕事と「自分の仕事」"の3名のインタビュー。まず一人目は湘南でサーフボードを作る植田さん。…

【書評】ハッカーと画家 Paul Graham著

コンピュータソフトウェアを書くということの価値について、米国の純粋な技術者(ギーク、コンピュータを高度に扱える人達)がどう考えているかを知れる本です。またコードを書くことで富を築く方法、デザインのセンスやプログラミング言語そのものについても…

ブログを始めました

みなさまはじめまして。 これまではひっそりとブログを書いていたのですが、大学の友達に誘われたのでそれを公開することにしました。 どうぞ宜しくお願いします。